喜界島酒造の製品紹介くろちゅうの製造工程くろちゅうの由来くろちゅうの飲み方くろちゅうマガジン
くろちゅうリンク
奄美の地で焼酎を造り続けて今年で100年。これからも美味しい焼酎造りに励みます。

 喜界島酒造㈱は鹿児島県大島郡喜界町にある酒造会社です。弊社の黒糖焼酎は、全国酒類コンクールの黒糖焼酎部門で2012年以降、6回連続で特賞を受賞している「キャプテンキッド」をはじめ、1年熟成酒をベースに、5年古酒を約40%ブレンドした「由羅王」(1位)や、昔ながらの伝統製法で造られた「しまっちゅ伝蔵」(2位)など、黒糖焼酎の旨さを存分に引き出したこだわりの焼酎です。3年古酒を主体とし、5年から10年古酒をブレンドした「三年寝太蔵」は、口当たりが良く、その優しく芳醇な風味が黒糖焼酎の素晴らしさを感じさせてくれるでしょう。その他にも多数の個性的な商品も取り揃えております。是非、ご賞味ください!
きっと・・・いい酒との出会いは人生をちょっと楽しくします
 
 「平成28年熊本地震」により、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様、ご家族、ならびにご関係者の皆様に、社員一同衷心よりお見
舞い申し上げます。

 【新着】喜界島酒造だより・・・8/6 夏祭りの様子
                 8/24 安部ロブション龍依氏が見学に
                 8/27 島キャンの女子学生奮闘中!     

香り良し、味良し、ルックス良し
  究極の黒糖焼酎キャプテンキッド

弊社のキャプテンキッドが、2016年春季全国酒類コンクールの黒糖焼酎部門で特賞を受賞しました!特賞を受賞するのは通算7回目となります。



荒濾過 黒糖 特賞に次ぐ
 「第1位」を獲得


 新しい味に挑戦した「荒濾過 黒糖」も2016春季全国酒類コンクールにて、特賞のキャプテンキッドに次ぐ成績の「第1位」を受賞しました。味と品質にこだわり続ける喜界島酒造の永年の努力が評価されて、社員一同喜んでおります。弊社の商品を店頭などで見かける事がございましたら、是非一度お試しください。


俊寛 甕 30度1800ml 努力賞
この度、俊寛 甕 30度 1800mlが第56回、全国推奨観光土産品審査会、全国観光土産品連盟会長努力賞を受賞しました。

この夏もいろいろありました 



【無念】喜界島酒造フネィンカー
      僅差で敗れる【また来年】


8/6夏祭り、喜界島酒造も「フネィンカー競漕」に参加しました。社員全員の力強い応援を受けて漕ぎましたが、僅差で初戦敗退しました。また来年頑張ります!!


南海日日新聞で大人気!
しまっちゅ伝蔵イメージキャラ、その名は松次郎




    上司に乾杯
    南海日日新聞H28.4.10掲載分
 


さらば夏よ…
 日差しが柔らかくなり、夕暮れが早くなりました。そろそろお湯割りが恋しくなる時期です。日本という国は季節でいろんな楽しみ方ができるのでいいですね。自然を感じながらたまには外で飲んでみましよう♪ ランプの灯りがしみるなあ…
喜界島酒造株式会社
   創業100周年記念事業
 おかげさまで喜界島酒造も今年で創業100周年を迎える事ができました。ここまで育てていただいた、ご愛飲家の方々には誠に感謝しております。その記念事業の一環としまして、根強いファンも多い「しまっちゅ伝蔵」を、海底に貯蔵し、限られた本数ではございますが、提供する運びとなりました。ただし、発売次期は今のところ未定です。

喜界島酒造の商品を試飲しよう!
喜界島酒造のイベント情報!!
10月
<福岡>
鹿児島物産展
期間:平成28年10月1日(土)~10月2日(日)
時間:午前10時~午後7時
場所:黒崎井筒屋6F催事場
北九州市八幡西区JR黒崎駅前

<福岡>
2016九州うまいもの大食堂
期間:平成28年10月7日(金)~10月10日(月)
時間:午前10時~午後8時
場所:天神中央公園
    福岡市中央区天神1-1

<福岡>
第19回かごしま焼酎を楽しむ会in福岡
期間:平成28年10月19日(水)~
時間:午前6時~午後8時
場所:ホテルクリオコート博多4F
    福岡市博多区博多駅中央街5-3

<佐賀・福岡>
鹿児島フェア
期間:平成28年10月21日(金)~23日(日)
時間:午前10時~午後6時
場所:あんくるふじや店舗
    あんくるふじや/佐賀・福岡店舗

<鹿児島>
試飲販売会
期間:平成28年10月27日(木)~28日(金)
時間:午前9時~午後6時
場所:薩摩焼酎蔵
    鹿児島中央駅おみやげ店舗

<鹿児島>
試飲販売会
期間:平成28年10月29日(土)~30日(日)
時間:午前10時~午後6時
場所:焼酎維新館
    鹿児島中央駅アミュプラザ鹿児島B1








日本で最も美しい村連合


喜界島酒造は日本で最も美しい村連合の企業正会員です

鹿児島県酒造組合奄美支部
喜界島酒造は鹿児島県酒造組合奄美支部の会員です。
黒糖焼酎喜界島がまたまた受賞

2016年、黒糖焼酎喜界島が、モンドセレクション金賞受賞しました!
これで受賞した年は、2009’2010’2012’2013' 2014' 2015' 2016年となります。
 
お酒のウンチク(5)      
 ~白酒(しろき)と黒酒(くろき)~

 発酵が継続して行われ、一旦開栓してしまうと、ワインのように味が変化する生のお酒は白酒(しろき)と呼ばれます。現在では市販されている日本酒の多くは、一旦火入れされる事で保存性を高めており、栓を抜いても簡単には劣化しませんが、昔ながらの白酒はどんどん発酵が進み、味が変化していきます。そこで、灰を使って発酵の抑制を行った古代酒を黒酒(くろき)と呼びます。造り方は白酒の醸造過程において草木から作った灰を加えます。そうする事により酒をアルカリ性に保ち、雑菌の繁殖を抑え、麹カビと酵母だけを選択的に残す事ができます。
 現在でも西日本では、この形の黒酒が造られています。灰を使って腐敗を防ぐ事から、灰持酒(あくもちざけ)と呼ばれます。灰の黒い色から黒酒と呼ばれますが、熊本の灰持酒は赤みが増すため赤酒と呼ばれ、鹿児島では地酒、島根では地伝酒と呼ばれています。灰持酒はほんのり上品な甘みが特徴です。

TOP製品案内製造工程黒糖焼酎の由来美味しい飲み方くろちゅうマガジンくろちゅうリンク
Kikaijimashuzo.Co.Ltd