喜界島酒造の製品紹介くろちゅうの製造工程くろちゅうの由来くろちゅうの飲み方くろちゅうマガジン
くろちゅうリンク
奄美の地で焼酎を造り続けて今年で100年。これからも美味しい焼酎造りに励みます。

 喜界島酒造㈱は鹿児島県大島郡喜界町にある酒造会社です。弊社の黒糖焼酎は、全国酒類コンクールの黒糖焼酎部門で2012年以降、6回連続で特賞を受賞している「キャプテンキッド」をはじめ、1年熟成酒をベースに、5年古酒を約40%ブレンドした「由羅王」(1位)や、昔ながらの伝統製法で造られた「しまっちゅ伝蔵」(2位)など、黒糖焼酎の旨さを存分に引き出したこだわりの焼酎です。3年古酒を主体とし、5年から10年古酒をブレンドした「三年寝太蔵」は、口当たりが良く、その優しく芳醇な風味が黒糖焼酎の素晴らしさを感じさせてくれるでしょう。その他にも多数の個性的な商品も取り揃えております。是非、ご賞味ください!
きっと・・・いい酒との出会いは人生をちょっと楽しくします
 
 「平成28年熊本地震」により、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様、ご家族、ならびにご関係者の皆様に、社員一同衷心よりお見
舞い申し上げます。

      【新着】
 12/27 福岡からのお客様
 12/26 キャプテンキッドご購入
 12/19 くろちゅう飲んであったまる~   



鹿児島の蔵元が集結して大試飲会を開催します!トークショーや利き酒チャレンジなど、お楽しみがいっぱいの大会です!是非お越しください!
詳しくはこちら(PDF)
事務局TEL:092-711-5491

黒糖焼酎喜界島がまたまた受賞


2016年、黒糖焼酎喜界島が、モンドセレクション金賞受賞しました!
これで受賞した年は、2009’2010’2012’2013' 2014' 2015' 2016年となります。
 

くろちゅうホットレモン割りで
  寒い冬を乗り切ろう!


 年末のこの時期はレモンの収穫が我が家の恒例です。レモンは育てやすく、毎年見事な実を付けてくれるので大助かり。レモンを半分に切り、絞った後、皮ごとくろちゅうのお湯割りに浸けるだけで、香りが良く、美味しいくろちゅうホットレモン割りの出来あがりです。柑橘類は皮を入れた方が香りが断然良いですね。これで冬の寒さも乗り切れそうです。

平成29年1月1日、南日本新聞(鹿児島県)のトップに、黒糖焼酎に含まれる成分に、
長寿促進の可能性があるとの研究結果がが掲載されました。詳細はこちら


 おかげさまで喜界島酒造も今年で創業100周年を迎える事ができました。ここまで育てていただいた、ご愛飲家の方々には誠に感謝しております。その記念事業の一環としまして、根強いファンも多い「しまっちゅ伝蔵」を、海底に貯蔵し、限られた本数ではございますが、提供する運びとなりました。ただし、発売次期は今のところ未定です。





    ボスの日に乾杯
    南海日日新聞H28.10.9掲載分

(7)   
     ~煎 酒~
      調味料としてのお酒

江戸時代の後半に、醤油が利根川添いの野田、銚子などで量産されて一般化するまでは、酒は味噌や塩、酢と並び、非常に重要な調味料でした。江戸元禄の頃は町人文化が花開き、初鰹など初物にこだわる食道楽が広がりました。初鰹は「女房を質に入れてでも初鰹」と川柳が詠まれるほどの人気ぶりでした。その頃はまだ醤油が高価で、初鰹の刺身を食べる場合でも、蓼酢(たです)、芥子味噌、芥子醤油、煎酒(いりざけ)等が用いられていました。煎酒とは、酒に鰹節と梅干、梅酢を加えて煮詰めた調味料で、鰹出汁の風味と梅干の塩味、香りを酒に移したもので、現在の醤油出汁のように用いられていたようです。

喜界島酒造のイベント情報!!
1月

※イベント情報は決まり次第随時お知らせします!



【おすすめ】
実は管理人が一番大好きな「三年寝太蔵」
お値段はやや張るものの、飲みやすさと黒糖焼酎の美味さが極まっています! 是非、飲み比べてみてください!







日本で最も美しい村連合


喜界島酒造は日本で最も美しい村連合の企業正会員です

鹿児島県酒造組合奄美支部
喜界島酒造は鹿児島県酒造組合奄美支部の会員です。



TOP製品案内製造工程黒糖焼酎の由来美味しい飲み方くろちゅうマガジンくろちゅうリンク
Kikaijimashuzo.Co.Ltd