喜界島酒造の製品紹介くろちゅうの製造工程くろちゅうの由来くろちゅうの飲み方くろちゅうマガジン
くろちゅうリンク

 喜界島酒造㈱は鹿児島県大島郡喜界町にある酒造会社です。弊社の黒糖焼酎は、全国酒類コンクールの黒糖焼酎部門で2012年以降、6回連続で特賞を受賞している「キャプテンキッド」をはじめ、1年熟成酒をベースに、5年古酒を約40%ブレンドした「由羅王」(1位)や、昔ながらの伝統製法で造られた「しまっちゅ伝蔵」(2位)など、黒糖焼酎の旨さを存分に引き出したこだわりの焼酎です。3年古酒を主体とし、5年から10年古酒をブレンドした「三年寝太蔵」は、口当たりが良く、その優しく芳醇な風味が黒糖焼酎の素晴らしさを感じさせてくれるでしょう。その他にも多数の個性的な商品も取り揃えております。是非、ご賞味ください!
きっと・・・いい酒との出会いは人生をちょっと楽しくします
 

      【新着】
   3/24  キッドの香り
   3/22  見たことあるよ
   3/21  喜界島でかんぱーい



4月8日(土)喜界島の湾港にクルーズ船「にっぽん丸が初寄港します!歓迎セレモニーや演芸ショー、特産品販売などが催されます。喜界島を存分に楽しんでいってくださいね!







生姜をそのまま使用すると、末梢血管を刺激し、発汗作用を促進して体を冷やしてしまいます。しかし、生姜を100℃以下の温度で加熱したり、蒸したりすると、辛みが強くなり「ショウガオール」という成分が生成されます。これが腹部の血行を高め、身体を芯から温めてくれます。ダイエットや冷え性の改善に効果が期待できます。また、生姜を食べる事で外部から侵入する異物に対し、防衛機能が高まるとも言われています。今、花粉症で苦しむ季節なので試してみるのも良いかもしれません。私も花粉症なので職場の女性に「これは美人アレルギーだよ」と冗談を言ったりしますが、最近の若い女性にはなかなかウケないようです。生姜も寒いギャグには効かないようで…



4月23日(日)喜界島マラソンが開催されます!春の喜界島が満喫できる大会です。参加申し込みは締め切りましたが、島外の方々も是非応援に来てくださいね♪
大会情報はこちら


5月14日(日)奄美大島屋仁川にて、さたぜえないとふぇすてぃバルVol5が催されます。イベント内容や出店店舗についてはこちらのサイトをチェックしてみてください。もちろん喜界島酒造も参加します!
奄美は盛り上がってますよ!いっぱい飲みましょう!



 おかげさまで喜界島酒造も昨年創業100周年を迎える事ができました。ここまで育てていただいた、ご愛飲家の方々には誠に感謝しております。その記念事業の一環としまして、根強いファンも多い「しまっちゅ伝蔵」を、海底に貯蔵し、限られた本数ではございますが、提供する運びとなりました。
※発売次期は今のところ未定です。





    ボスの日に乾杯
    南海日日新聞H28.10.9掲載分

 (7)
     
~煎 酒~
      調味料としてのお酒

江戸時代の後半に、醤油が利根川添いの野田、銚子などで量産されて一般化するまでは、酒は味噌や塩、酢と並び、非常に重要な調味料でした。江戸元禄の頃は町人文化が花開き、初鰹など初物にこだわる食道楽が広がりました。初鰹は「女房を質に入れてでも初鰹」と川柳が詠まれるほどの人気ぶりでした。その頃はまだ醤油が高価で、初鰹の刺身を食べる場合でも、蓼酢(たです)、芥子味噌、芥子醤油、煎酒(いりざけ)等が用いられていました。煎酒とは、酒に鰹節と梅干、梅酢を加えて煮詰めた調味料で、鰹出汁の風味と梅干の塩味、香りを酒に移したもので、現在の醤油出汁のように用いられていたようです。


この郷酒フェスタも今回で4回目となりました!
弊社の商品も出品いたしますので是非ご賞味ください

参加希望・詳細はこちらまで

喜界島酒造のイベント情報!!
  3月
【鹿児島】
焼酎維新館試飲販売
期間:平成29年3月18日(土)~3月19日(日)
時間:午前10時~午後6時
場所:焼酎維新館
    鹿児島中央駅アミュプラザ鹿児島B1
※平成29年3月18~19予定しておりますが、3月25~26日にも変更もありです。










TOP製品案内製造工程黒糖焼酎の由来美味しい飲み方くろちゅうマガジンくろちゅうリンク
Kikaijimashuzo.Co.Ltd